2013higashiizumachi of www.karadakaigi.com

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |

伝統医療と西洋医療のコラボレーション
karada_b_F2.png

西洋医学・伝統医療出身の痛みをとるプロたちが全国から集結。
すべての疑問に答え、身心の痛みを自分で治す各種の方法をお教えします。
健康ブームの影響か、たくさんのボディーワークやセラピー、各種の療法が世に溢れています。
その中で、なにが本当なのか?
自分なりの答えが見つけられない方が多いのでは?
からだ会議実行委員会では、そんな疑問をもつ方が気軽に、様々なセラピーや療法、
ボディーワークを体験したり知ることができるイベントを
開催できないものかと考えました。

地元の治療家たちの各種セラピストをはじめ、
全国から選りすぐりの治療家、医師達が集まります。

頭をつかうことを、少しの間お休みして
あなただけの答えをみつけましょう。

出演講師紹介

基調講演・ディスカッション 上野 圭一

1941年生まれ。伊東在住。 早稲田大学英文科卒。東京医療専門学校卒。翻訳家、鍼灸師、日本ホリスティック医学協会副会長、CAMU Net(代替医療利用者ネットワーク)副代表。 訳書に「癒す心、治る力」、「人は廻る輪のように」(角川書店)など。 著書に「補完代替医療入門」(岩波書店)、「代替医療・オルタナティブルメディスンの可能性」(角川書店)、「私が治る12の力」(学陽書房)、「ナチュラルハイ」(ちくま文庫)、「ヒーリング・ボディ」(サンマーク文庫)など。


トリートメントラリー・講演・ディスカッション 小口 昭宣 
講演テーマ「腱引き療法のエビデンス」

30歳の時、腱引き療法に出合い、40歳代の時、日本唯一の伝承者となった。その後、筋整流法を打ち立てる。 日本各地に三百人を超える門弟が抱え、三十数か所が道場を開設している。
施術を施し弟子を育てる傍ら、毎週末全国各地で伝承会を開催している。
 これまでの彼自身の患者数は優に3万人を超え、痛みや不快感を伴わない体を作るため、ギックリ腰、肩こり、肘や膝の痛み、捻挫を始め、肢体麻痺、坐骨神経症、肋間神経痛、関節不全、生理不順、生理痛、全身倦怠、鞭打ち症等の身体疾患以外にも、自律神経失調症、拒食症、うつ病などの精神疾患など, 痛みや不快感を改善する施術を施し、同時に精神的苦痛も排除することに成功している。
 職場環境を改善させる為のセミナーも行い、各職場にあったプログラムを提供している。 筋整流法のモットー「脳を科学し, 体調を整える (Improving Physical Condition Thru Brain Science)」により職場のコミュニケーション能力を向上し、パーフォーマンス効率を高める事を可能とした。

ホームページ:http://kenbiki.jp/

筋整流法腱引き師による施術を施術スペースにて行います。


トリートメントラリー・講演 浅井 融

浅井治療所 所長  
無機化学と電気工学の研究から 身体の異常を見つけ出して
いる研究者です。骨が出すピエゾ効果が、体の不調の原因であるとの仮説の基づき、臨床効果を確かめています。



トリートメントラリー・講演・ディスカッション 岩本 直己
講演テーマ:「からだ改善法(息吹体陽法」

いわもと接骨院 院長、息吹太陽法、天城流湯治法 湯治師。 1992年、国際カイロプラクティックカレッジ卒業。岩本カイロプラクティック院開院。自律神経の治療開始。2000年、渡米Dr David Toffnes 師事。顔面神経麻痺の研究発表でBest Slid賞受賞。2007年、京都衛生専門学校 柔道整復師科卒業。この頃、杉本錬堂氏に出会い本当の意味での身体の仕組みを知る。2008年、国際和合医療学会 常任理事就任。現在20年間の臨床経験で感じた身体の萎縮を除去し身体が最も良い方向に向かう治療法を模索中。

治療ブースを講演、トリートメントラリー時間外で行っています。


トリートメントラリー・講演・ディスカッション 中山 辰也 
講演テーマ:「受身的手法から自立的(自律)的手法へ~セルフメディケーションのススメ」


中山予防医学研究所 所長、柔道整復師・鍼灸師、天城流湯治法 湯治師、ほねつぎ実践中山塾 主宰、健柔グループ 理事。 救急医療以外によくみられる過剰診療に危機感を覚え「病院にいかない」「薬は飲まない」を実践し究極のセルフメディケーションを目指している。冬場はスキー救護所にて応急処置技術の研鑽に励む。2010年天城流湯治法と出会いセルフメディケーションをそのまま体現され普及活動をされている錬堂先生と天城流湯治法の凄さに強く感銘を受ける。現在さらなるセルフメディケーションと応急処置の向上を目指し奮闘中。 中山接骨院オフィシャルサイト(http://locoplace.jp/t000176744/)

治療ブースを講演、トリートメントラリー時間外で行っています。


トリートメントラリー 深山 陽

1979.2.13生まれ
大学卒業後鍼灸師の資格を取得。二年間都内の鍼灸治療院にと勤務後、独立開業。茨城県つくば市にひなた堂開業を経て、今年の7月 cafe cotocoto ~東洋医学と、ホリスティック医学をベースにしたゆるゆるほっこり空間を開業。言霊や、エピジェネティクスなどのoriginalの手法を用いた身体へのアプローチを行っている。

治療ブースをトリートメントラリー時間外で行っています。


トリートメントラリー・講演・温泉療法ワークショップ
ディスカッション 杉本 錬堂 
講演テーマ:「心の病は身体の病」 
温泉療法ワークショップ:天城流湯治法〜新たな水中リハビリテーションの模索〜

NPO法人錬堂塾 主宰、天城流湯治法 湯治司。伊東在住。 1996年健康保養による町づくりと地域活性を目指すヒーリングストーンズを設立。1998年「錬堂と遊ぼう」テレビ番組(CATV)放送開始。2000年 日本の温泉療法アドバイザーとし招喚され渡独。2001年 NPO法人錬堂塾を設立。静岡県地域づくりアドバイザー、健康・福祉・まちづくりアドバイザーとなる。2007年 新しい湯治場づくりや温泉セラピスト育成に力をいれながら全国ツアーを開始。世界に誇れる日本の健康文化として海外へも進出。アメリカ、ドイツ、フランス、台湾と活動を広げている。2011年からその経験を通して体得している日本人の精神を次世代に伝えるべく、ヨタ噺プロジェクトを始動。日本全国、世界各地で講演会を開催している。
錬堂塾オフィシャルサイト(http://www.rendojyuku.com)

治療ブースを講演、トリートメントラリー時間外で行っています。


講演 堀田 忠弘

堀田医院 院長。日本テレセラピー研究会 会長。日本内科学会認定医。日本東洋医学会専門医。 京都府立医科大学卒業後、同大学にて免疫学を研究。1990年 堀田医院を開業。約30年間携わってきた西洋医学的治療に、漢方と代替医療を組み入れた治療を行っている。「人は体、心、魂を持ったエネルギー体である」という考え方のもと、人間を統合的に把握し、治療するための研究に取り組み成果をあげている。インドで開発された宝石光線治療法の研究を通じて、さまざまな宝石・鉱物の効能を研究している


講演 東 和光

行者山太光寺副住職
昭和39年山口県下関市出身。ガラスメーカーで東京勤務の後、代議士秘書を経て、天台宗比叡山延暦寺にて得度し、伝法灌頂、法華八講などを遂業。前カンボジアNGO理事長、保護司活動、好奇心交遊会「無村塾」主宰。「中国天台山止観行」「六郷満山峯入」「西日本十二霊山峯入」「東日本大震災被災地供養巡礼」「被災者百日供養礼拝」「中国五台山巡礼」「五十日供養三万回礼拝」などを通じ、ご縁に従いすべてを受容れる修行を実践する。無関心を排することを因とし、自分主体の比較相対視から生命一体の絶対視で条件を調え、心の平和を果として説く。


講演 今野 純 
講演テーマ:「WATSUのいま」〜温泉療法とニューワッツの融合〜

アクアダイナミックス研究所 所長。 東北学院大学卒。1969~1972年 国立フィリピン大学体育学部 講師。1973年 東京ガス不動産(現東京ガス都市開発)健康開発室入社。1974年 東京ライフサービス(現東京ガスライフサービス)転社。キンダークラブ鶴見(現アクア鶴見)水泳部長として運営に携わる。1886年 アクアダイナミックス研究所設立。東京ガス系列スポーツクラブ他の企画開発をはじめ、数多くのコンサルタント実績を持つ。日本におけるアクアエクササイズの第一人者。全米アクアエクササイズ協会(AEA)顧問。米国アクアセラピー&リハビリ研究所(ATRI)顧問。「スイミングコンセプト」「アクアフィット」他著書多数。アクアダイナミックス研究所 所長。 アクアダイナミクス研究所オフィシャルサイト(http://www.aqua-adi.co.jp/


講演 功刀 初穂 
講演テーマ:「噛み合わせと身体」

歯科医師。しらゆり歯科 院長、日本顎咬合学会 認定医、日本公衆衛生学会 会員、JSCAD 会員、日本カラ―ライトセラピー協会 理事。 埼玉県生まれ。鶴見大学歯学部卒業後、1997年 代々木歯科入職。2011年 しらゆり歯科医院開業、2004年 医療法人社団しらゆり会設立、2009年「歯と歯ぐきと身体のために」(万葉舎)出版。 しらゆり歯科医院オフィシャルサイト(http://しらゆり.net/index2.html/)


講演 伊澤 亮平 
講演テーマ:「1. 整形外科領域における徒手療法の有効性 2. 最新の電磁波問題の動向と対策」

上杉山整形外科クリニック(仙台市)院長 医学博士 日本整形外科学会専門医 
国際Mckenzie協会認定療法士、天城流湯治法湯治師、筋整流法腱引き師、ドイツ建築生物学(バウビオロギー)測定技術士、日本電磁波測定士協会理事 電磁波測定士、ドイツ振動医学推進協会員

西洋医学と代替医療の融合をライフワークとして筋骨格系の保存的治療を様々な手法から探求する整形外科医。さらにドイツの振動医学である Pauel-Sumit式バイオレゾナンス法を実践し、バウビオロギーに基ずく「病気にならない住環境、病気にならない寝室」の提案も行っている。

上杉山整形外科クリニックホームページ http://www.kamisugiyamaseikeigeka.jp


講演 角谷敏宣 
講演テーマ:「パソコン病(デスクワーク症候群)の実態とその治し方  ~現代病を治すカギ 深層筋~」

治し家鍼灸治療院院長、鍼灸師、天城流湯治士補。伊東市在住。
東京西荻窪と神奈川藤沢に治療院がある。
1957年生まれ 関西学院大学、東京医療専門学校卒。
東洋医学の道ひとすじに32年。
深層筋治療の理論・技法を創り、それを応用した、
「かどや式パソコン病療法」、「かどや式五十肩療法」を編み出す。
パソコン病、五十肩をはじめ坐骨神経痛、ひざ痛、パニック、アトピーなど
治りづらい現代病の治療を得意とする。 治し家 ホームページ www.naoshiya.info

治療ブースを講演時間外で行っています。


ワークショップ 玉置 美和 
ワークショップテーマ:「お香のお話」

兵庫県神戸市在住。お香調合師、着付け師範。 着付け師としての活動を経て、香木の放つエネルギーに魅了され、現在は独自の感性を活かし、調合師としてお香の世界を全国で伝えている。 日本の古くから伝わる文化には華道、茶道とならび、香道というものがある。この香道は他の2つとは異なり、歴史の流れの中で隠微な世界として公には広く伝えられてこなかった。その文化の神髄は伝える人により、姿形を変えていくが、美和さんの伝える 香の世界は鼻で感じる感覚だけでなく、意識の奥深くまでとどく香の力を、言葉ではなく、体感させることで人々に伝えている。"香りの扉" 人によってこの扉が開かれている人もいれば、閉じたまま生涯を終える人もいる。日本人のもつ特有の文化。香の世界。この香の世界を伝えるべく、日本全国でお香の調合ワークを開催している。また、その人に合う、必要な香をセッションしながらオリジナルで調合していく個人セッションも行っている。

個人セッションをワークショップ時間外で行っています。


ワークショップ 平 直行

中学時代から空手(大道塾)を始め、修斗、ブラジリアン柔術 、シュートボクシングと多くの格闘技を習得し、独自の技術理論、試合経験を持つ。空手 柔術ともに黒帯 シュートボクシング時代は阿部健一や大江慎と共に三羽烏と称され、デル・アポロ・クック、マンソン・ギブソン、吉鷹弘らと激闘を展開。 明るいキャラクターとトリッキーなファイトスタイルで人気を集める。1992年3月に正道会館主催の「格闘技オリンピック」に参戦。 リングスルールでエリック・エデレンボスと対戦、アームロックで一本勝ち。当時の平は前田日明や船木誠勝とも違ったタイプの総合格闘技の象徴的存在だった。リングス参戦を経てゼンショー総合格闘技部へ移籍するも、膝の負傷により長期欠場。その間にUFC、ブラジリアン柔術が出現するなど総合格闘技界の勢力分布図が大きく変動し、平はサンフランシスコでカーリー・グレイシーより柔術を学ぶ。1995年9月にヤン・ロムルダー戦で復帰、柔術修行の成果を見せつける。1996年、正道会館東京本部にて日本で初めてのブラジリアン柔術クラスを開講する。2003年、古巣であるシュートボクシングの試合を最後に現役を引退。現在は、zst、シュートボクシング、プロレス等でレフェリーとしても活躍し、ブラジリアン柔術アカデミーストライプル代表。ブラジリアン柔術、総合格闘技、空手の指導と平行して、大操体法研究所を主宰、施術にもあたっている。現在も尚、強さを極めんと、様々な武術を学び続けている。日本ブラジリアン柔術連盟理事 東京操体フォーラム相談役 格闘医学会アドバイザー グラップラー刃牙の主人公、範馬刃牙のモデルとしても有名。


ワークショップ 雲耀 
ワークショップテーマ:「中国伝統療法 ~目に見える究極の排毒療法~」

中国内モンゴル自治区出身
学歴: 内蒙古師範大学卒業
札幌大学文化学部卒業
    北京中医薬大学卒業
現職: 刮(ぐあ)痧(しゃ)国際協会会長、雲(うん)瑶(よう)刮(ぐあ)痧(しゃ)中医学院学院長
    漢方サロン蘭(フォル)華(シシア)代表
    株式会社 天驕(てんきょう) 代表取締役社長
資格: 中医 鍼灸師
    中医診断師、 中国国際推拿按摩師
著書: 2010年 全息経絡刮痧(ぜんそくけいらくぐあしゃ)療法(りょうほう) (日本語の解説書として日本初)
    2012年 中国かっさ療法DVDを全国発売
経歴: 1997年 留学生として来日
    2005年 札幌ススキノのリゾート温泉ホテルにて整体コーナーを経営。
       その後、雲瑶刮痧中医学院、漢方サロン蘭華(フォルシシア)を設立。
       現在まで、200余名の卒業生を輩出し、全国で活躍する卒業生多数。
    2008年 刮(ぐあ)痧(しゃ)国際協会設立
    2012年 東京・銀座校開設
札幌本校と東京銀座校で中医学と刮(ぐあ)痧(しゃ)(かっさ)療法の教鞭を取るほか、専門
誌「セラピスト」の動画サイトで「中医学と刮痧(かっさ)療法」の講師を努め
ている。
全国のセミナーや病院、医療関係機関などへ積極的に出向き講演、予防医学としての中医自然療法の啓蒙、普及に努めている。

ホームページ: 刮痧国際協会  http://guasha.jp
         漢方サロン蘭華(フォルシシア) http://unyo.jp

個人セッションをワークショップ時間外で行っています。


ワークショップ 亀田 せんじゅ 
ワークショップテーマ:「施術を受けてもすぐ戻る?赤ちゃん時代からの宿題~原始反射・姿勢反射の豆知識」

NPO法人日本教育キネシオロジー(運動機能学)協会理事、ブレイジムを初めとする各種教育キネシオロジーコースの米国Edu-K財団登録インストラクター。 2013年ブレインジム国際会議にて国内ファカルティ(指導教官)に認定。精神保健福祉士、社会福祉士。ヤマハコンサートグランドピアノ調律師。1980年代より演奏者を舞台袖で支えるため心理学、気功、ボディワーク等を学び始める。虐待としつけのはざまで悩む保護者のためのプログラム『にっこりお母さん養成講座』がマスコミに取り上げられたのをきっかけにコミュニケーションと身体の機能とのバランスをテーマとしたワークプログラムを行政(生涯学習・福祉・保健)施設に提供。厚生労働省人材育成支援事業・静岡県内シルバー人材センター各所に於いて心理と身体機能のバランスを中心とした人材育成プログラムを提供。星和書店『こころの臨床a・la・carte ブレインジム』(寄稿)がある。『目標の2ステージ底上げ』を得意とし学習障害・問題行動のある子供たちをヒーローとして学校に戻すことを実践している。三島市にて心と体とやる気をサポートする現BRAIN GYM HOUSEを主宰。ホームページ http://braingym.okoshi-yasu.com


ワークショップ 萩原 聖子 
ワークショップテーマ:21日「ホメオパシー(同種療法)を家庭の常備薬に。」 22日「簡単に自分の最高最善を見つける方法」

ホリスティック療法家
アメリカ州立カリフォルニア大学卒業(UCD) 人類学部考古学科 学士号   
  m: 090 5437 3838 / e-: seikohom@gmail.com

英国認定ホメオパス
Integrated Healing Practitioner
教育キネシオロジーインストラクター(ブレインジム、ヴィジョン・サークル)
いちから始めるキネシオロジーインストラクター
Beauty-K セラピスト(美顔ヒーリング、頭蓋骨微細調整)

人間を「部分」としてではなく、多次元的にとらえ、機能不全、身体の不具合や、心の不調などが、「心・身体・氣・霊性」の繋がっている中で表現されていることとして受け止めた、「全体」をみるという意味のホリスティックな療法を行っています。
修正方法として、50種類以上の療法、手技、学問の様相を取り入れ、全体が癒えて調和がとれた中で、自らの免疫が上がり、治癒力が目覚めてくるように促して行きます。


ワークショップ 関 松美 
ワークショップテーマ:「ヨーガ療法」

ボディワーカー 日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士
日本ヨーガ療法学会会員 日本早期認知症学会会員

10代より体・心・霊性に深い関心を持ち、前衛舞踏、
ダンス・ボディワーク・アートセラピー・ヨガ・野口整体・
ボディサイコセラピー・エネルギーヒーリング他探求を続け、
現在はヨーガ療法の普及に努める

伝統的なヨーガをもとにヨーガの医学的側面について
研究・開発された「ヨーガ療法」の奥深い叡智と効用に魅かれ
脳神経外科クリニック・デイケアや伊東市内のデイサービス
断食施設等でのヨーガ療法講師他、活動の場を拡げている

http://www8.plala.or.jp/joymove/index.html
http://www8.plala.or.jp/joymove/index.html


ワークショップ 小山 京子 
ワークショップテーマ:「導引養生功を体験し自らの手で健康をゲット!!」
演舞演目:古導引八段錦  導引保健功


1941年6月6日 
1979年第一回全国朝日レディース硬式テニス大会W優勝
九年間台湾在住 太極拳を学び、中華民国太極拳総会の国家級(A級)、国際級教練資格取得。第一回(2006年)中華民国太極拳世界大会に於いて13式太極拳一位、養生太極拳扇二位、帰国後2004年9月から伊東市に在住
2006年より導引養生功(北京体育大学張廣徳教授の)を現在学び継続中
2005年1月より伊東市大原武道場に於いて太極拳教室開講
2005年5月より伊東市富戸コミュニティセンター夜間教室
2006年12月より品川戸越体育館教室
20012年1月より伊東市池学習センター教室に於いて導引養生功教室開講
他に”いで湯大学OB会”に於いて月二回5年前より教室
養生太極拳圓花會代表 日本圓華會副代表
NPO法人全日本養生功連盟インストラクター


ワークショップ 三船 美也子 
ワークショップテーマ:「リラックス&リフレッシュ」~ストレッチとピラティスメソッドで心と体軽やかに~」

公益財団法人健康・体力づくり事業財団認定 健康運動指導士・
Peak Plates認定 ピラティスインストラクター・日本体育協会公認スポーツ指導者 エアロビック指導員・日本コアコンディショニング協会ベーシックインストラクター等の資格を有す。沼津市を中心に地域の健康づくりに活躍している。


ワークショップ 大芝 公彦 
ワークショップテーマ:「自分の身体は自分で治す!超簡単セルフケア・一発解消術入門」

天城流湯治師
山梨放送テレビ・ラジオ番組ディレクターを経て気功整体ぴーかん俱楽部を設立。現在、独自で開発したオリジナルスティックを使用し、身体を施術するぴーかん療法を確立。山梨・甲府、東京で施術中。
現在、FM甲府コメンテーター
山梨文化学園カルチャースクール講師(http://pi-kan.boy.jp/)

個人セッションをワークショップ時間外で行っています。


ワークショップ 鈴木こなみ 
ワークショップテーマ:「ウェーブストレッチ・ヨガ&腸から体を整える」

下田市にてスタジオMY主宰、インド政府認定ヨーガインストラクター・療法士 全米ヨガアライアンスインストラクター 日本フィットネス協会ADI  
シュミッツ式呼吸法インストラクター ウェーブストレッチアドバンストレーナー等の資格を有しビーチヨガなど屋外でのヨガ教室などを通じ広く伊豆で活躍されている。

ブログ「やさしいヨガで心と体を元気にきれい」 http://ameblo.jp/myyoga

スタジオHP http://www.studiomyyoga.jp/

メールマガジン「ココロとカラダにきくライフスタイルヨガ」 http://archive.mag2.com/0000280967/index.html

○腸から体を整えるヨガセラピー  21日13:30~14:30 大教室
日常でできるヨガをすることで身体と心のバランスをとっていきます。
毎週火曜日に13時半からアスド会館にてヨガサークルをしています。
今回のワークショップではセルフでできる簡単な腸セラピー(お腹のマッサージ)をお伝えします。
腸はにアプローチしていくことで、自律神経のバランスを整えリラックス。
ヨガの効果と合わせて笑顔の毎日を送りませんか?


○ウェーブトレッチ 22日13:00~14:00 大教室
今回40本を用意してウェーブストレッチの使い方を学んでいきます。
ウェーブストレッチとはトータルコンディショニングプログラム。
伸ばす・ほぐす・引き締めると言った運動指導を効果的にするものです。
ユニークな形状の今最も注目されるフィットネスツールを今すぐできるプログラムでご一緒によい汗をかいていきましょう。
しなやか身体を目指して一時間ゆったり動いてみましょう。

コンサート 茶喜利

静岡が生んだ吟遊詩人。
これまでにバリヒンズー教 最高指導者イダ・バグース・プトラ氏、およびインド古典音楽家キショール・ゴーシュ氏に師事。 ビートルズを始め数多くのミュージシャンに影響を与えた ラヴィ・シャンカール一門で 古典音楽ラーガを学ぶ。20代半ばに自分自身に流れる旋律(マザーノート)と出会い、プトラ氏より授か る“夢を叶える面Dream”と共に 世界を旅し即興演奏を続ける。 土に触れる山の暮らしから自然回帰、 自己回帰をテーマにコンサートやワークショップ、個人セッションを 開催する。



コンサート 石渡 晃子

オカリナの柔らかくあたたかい音色に 魅せられ、フルートと平行してオカリナ奏者としての活動を開始。現在、コンサートやライブなど幅広い活動をしている。特に人々にオカリナの魅力を幅広く伝えるためにカフェなど聴衆との距離感が近い空間での演奏に力を入れている。また小学校や老人ホームなど、各施設でのコンサートも行っている。昭和音大卒。現在、オカリナ・フルート講師としても活躍中。神奈川県藤沢市出身。


コンサート Toshi小島&七海with藤原重利 ✴ ホリスティック・サウンド・ライブ「音で繋がるからだとこころ」

音楽は「体と心」が大地と繋がるダイレクトな方法です。同時に、身体の機能と心の産毛を整え、疎外された「体と心」を新たなステージに誘います。伊豆は半島全体が磐座(イワクラ)でありパワースポットです。皆さんと共に、大地の力と音楽が共振する時、そこには癒しのサンクチュアリー(聖域)が現れるでしょう。

Toshi小島:ボーカル、ディジュリドゥ、ネイティブアメリカン・フルート(東海ホリスティック医学振興会顧問 ミュージックセラピスト)岡山在住
https://www.facebook.com/Toshikojima
http://toshikojima.com/


七海:ボーカル、キーボード、パーカッション(DNA3 アナトミー・シータヒーラー)岡山在住
https://www.facebook.com/nanami.kojima.3

藤原重利:アコースティックギター(サウンド&フォトアーティスト)南伊豆在住
https://www.facebook.com/interloid
http://twitter.com/#!/interloid
http://www.interloid.net/


あかり 近藤 宏克

1957年 札幌市に生まれる
1980年 東海大学工学部機械科卒業 陶芸家吉田明・ひろ子 両氏に師事
1987年 陶芸で独立
1988年 伊豆高原に登り窯 築窯
1993年 ギャラリー南大室窯 新設
1996年 いってこい窯 築窯
1997年 京急百貨店個展 京王百貨店個展(聖蹟桜ヶ丘店)以後毎年開催
1999年 柿傳ギャラリー個展(新宿) 以後毎年開催 福岡三越個展
2000年 銀座三越個展 以後3回開催
2004年 穴窯築窯
2004年 沼津御用邸「あかりの世界」展


スペシャルゲスト 尾崎 圭司 
K1スタイル体験会

日本のテコンドー家、K1,プロキックボクサー。
元フィンスイミング選手。神奈川県出身。チームドラゴン所属。
テコンドーの強さを証明するためにキックボクシングの試合に参加し始めた。後ろ横蹴りなど多彩な足技を持つ。日本テコンドー協会3段位。

ホームページ http://ozaki-dojo.com



スペシャルゲスト(ブース出展) 田中 代志美 

Karada Lab.しあわせなカラダを考え、それを目指してゆく。ハワイ島で学んだトリートメントの経験から楽しく生きてゆくためにはカラダの調整が欠かせないことを学ぶ。スエディッシュトリートメント・ハワイアンロミロミ・スポーツトリートメント・トリガーリリース・PNFストレッチなどに精通している。

今回は心理的アプローチとして精油を使ったストレッチやほぐすことを行います。また、カラダのこりや痛みは感情と関係しているかも!と言う切り口でのセッションも行います。21・22日2日間実施しブースではクラフト作りなど実施


スペシャルゲスト(ブース出展)足立 恵美

NPO法人予防的あしケアサポート代表・メディカルフットケア足救代表・看護師・日本プロフットケア協会認定メディカルフットケア師・リフレプロ公認フットケア講師・リフレプロ公認巻き爪矯正コレクティオ・インベントプラス講師・日本フットケア学会会員・神奈川県糖尿病療養指導士などの資格を有す。
札幌皮膚病理研究所長木村鉄宣氏と出会いメディカルフットに興味を持つ、氏との出会いがその後の看護現場で大きな影響を受けることとなり、現在メディカルフットケア師となり、足のトラブルで困っている方へ施術をしていきたいと願っている。


スペシャルゲスト(ブース出展) 石原 邦彦

くに整体院院長、レスリング競技をしているときに経験したあらゆる怪我を克服したことがきっかけとなり、東伊豆町役場退職後に整体師となる。現在東伊豆町稲取にて開業中。


スペシャルゲスト(ブース出展) 中山 美也子

○鍼灸師(弘法大師山下はり5代目)
○巻き爪補正士
○ペディグラス名古屋校校長
○クリニカルフットケアGlanz代表